Wii Fitのアレコレ 知っておきたいこと

今回は、Wii Fit とは? という内容でいきます。

Wii Fitは、同梱のバランスWiiボードに乗り、体重測定やトレーニングをするゲームです。

キャッチフレーズは「家族で健康

Wii Fitを起動して、まず最初は「からだ測定」です。

前回の記事にも書きましたが、「からだ測定」はバランスWiiボードに乗るだけで、体重を計測し、肥満度(BMI) を算出して記録し、グラフにしてくれます。

そして、数種類のバランステストからランダムに2種類のバランステストを行い、体の左右のバランスを解析して プレイヤーのバランス年齢を算出します。

とても気の利いた機能ですね。

「からだ測定」の次は「トレーニング」です。

ヨガ」「筋トレ」「有酸素運動」「バランスゲーム」があります。

これらは、プレイすればするほど貯まっていく運動貯金を貯めていくと、プレイできるトレーニング数が増えていきます。

何だかやる気が出てきました。

ところでトレーニングの内容はどんなものがあるのでしょう?

最初に発売された「Wii Fit」のバージョンアップ版、「Wii Fit Plus」では、前作の「Wii Fit」全ての内容に加え、21種類の新作トレーニングが加わりました。

そして、それぞれのユーザーに合わせたトレーニングメニューの設定もできるようになりました。

また、「Wii Fit」にあった運動貯金の表示に、消費カロリー表示もできます。

さらに、トレーニングの種目選択画面に「ちょっと交代」を選んでおくと、プレイしているユーザーと交代したりもできます。

3歳以下の赤ゃんは、大人が抱っこしてバランスWiiボードに乗ると、体重測定ができます。

新規登録の項目を3歳以下と設定してください(トレーニングは4歳からできます)

また、ペットの登録も同じようにしてできます。

「Wii Fit Plus」の新機能、ペット登録の項目で登録してください。

Wii Fitって、キャッチフレーズ「家族で健康」そのものですね。

Wiiのすごさにはいつも驚き、そして感心させられます。






スポンサーサイト



さあ、Wii Fitでパーキンソン病のリハビリを始めよう!

Wiiは、本体に内蔵されているメニューがたくさんで「Wii」をもうずい分前に買った私も、まだまだ使いこなせていません。

たくさんのメニューの中で、特にこれは面白い! と思ったのは、Mii(似顔絵チャンネル)です。

お好みのアイテムで作ったキャラクターを各ゲームに登場させることができます。

ネーミングもお好みで、自分の名前をつけたり、ニックネームをつけたりすることもできます。

家族や友人を登録しておけば、自分たちがゲームに登場したりして、盛り上がること間違いなしです。

「Wii」って本当によくできてるな~! って思います。

どの年齢層の人でも楽しめるゲームが必ず見つかること、そして1台のゲーム機でたくさんの人が一度にプレイできること、ネットにつないで、世界中の人とプレイできること。

とても魅力的です。

前置きが長くなりました。そろそろ本題に入らないとですね。

パーキンソン病リハビリをするなら「Wii Fit」がいいと思います。

実際に「Wii」を使ったリハビリを取り入れている病院があるそうなので、紹介します。

国立病院機構徳島病院は、パーキンソン病専門のリハビリセンターを開設し、患者一人一人に合わせて、バランス運動ができるゲーム機「Wii(ウィー)」を使ったプログラムメニューで柔軟体操や発声練習などを行っているそうです(徳島新聞記事 2009年6月5日) 

これについては、難病ドットコムにも記事があります。 http://jpma-nanbyou.com/ 

さて、「Wii Fit」を起動すると、まずは「からだ測定」から始まります。

からだ測定は、重心バランス、BMI(肥満度)と運動能力を測り、実年齢と運動能力から、コンピューターがバランス年齢を判定します。私が初めてこれにトライしたとき、バランス年齢の高さに愕然としてしまいました。

私はパーキンソン病患者なので、左右のバランスがとれていないという理由があるにしても、あまりにもバランス年齢が高いのはとてもショックでした。

そのときの私のバランス年齢が何歳だったかについては、ここではとても言えません。

でも、これはトレーニングを毎日続けることによって若返ってきますので大丈夫!

また、毎日のトレーニングの成果を自動的にグラフやカレンダーにしてくれるので、とても便利です。

家にいながらゲーム感覚で楽しくリハビリができる。本当に「Wii」ってすごい!!と思います。


Wiiでパーキンソン病のリハビリを始めるにあたって

前回の記事で、Wii を使ってのパーキンソン病のリハビリについてご紹介しました。

今回は、Wii を初めて使われる方へのお知らせです。

Wiiというネーミングの由来は、英語のwe(私たち)という意味だそうです。

家族みんなが楽しめるゲーム機というコンセプトで、iiはWiiのコントローラー(Wiiリモコン)と人が集まる様子をイメージしてつけられたということです。

Wiiは、インターネット接続をすると、使える機能やサービスがぐんと増えますので、インターネット接続をおすすめします。

もちろん接続していなくても、Wii本体に内蔵されている機能や、お手持ちのソフトで楽しめます。

ところで、インターネット接続設定を自分でされる方、なかなか大変だと思われている人もいるのではと思います。

私もそうでした。説明書を見てその通りにやっているはずなのに繋がらない。私はとうとう任天堂のサポートセンターに問い合わせて、電話で聞きながら設定しました。

任天堂では、「Wiiネット接続できる人ができない人を手助けして500Wiiポイントを両方がもらえるキャンペーン」というのをやっています。

知り合いに、Wiiのネット接続ができる人がいる方は頼んでみるといいかもしれません。

頼む方と頼まれる方のどちらにとっても嬉しいメリットがあります。

パーキンソン病のリハビリはWiiを使って楽しくやろう!

シルクのブログへようこそ!  

私はパーキンソン病という難病にかかって15年になります。

パーキンソン病は脳内のドーパミンという神経伝達物質が減ることで起こります。

震え、筋肉が固くなる、運動障害などの症状が起こり、完治する治療方法はまだありません。

常に体が緊張状態にあり、力が抜けません。

よく検診などを受けるとき「力を抜いていいですよ!」等と言われますが、力を抜くことができません。

でも、体が固いからといって動かさなければ、ますます固くなってしまいます。

なので、リハビリは欠かせません。

このブログでは、任天堂の 「Wii」を使って楽しみながらリハビリをする、その使いこなし術(Wiiはとても多機能なので私もま
だまだ使いこなせてはいませんが…)皆さんにご紹介しながら私も学んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

Wiiって本当に楽しいんです。こんなに楽しいゲーム、誰が作ったのだろう?

きっとすごい人なんだろうな! と思います。

さて、Wiiを始めるににあたっては、まずWii本体とWiiリモコンが必要です。あとTVもですね。

インターネット接続環境があれば、さらに楽しみが広がります。

それにお好みのソフトを加えていきます。

Wiiは本体だけでも内蔵している機能が豊富です。

Wiiショッピングチャンネル、ニュースチャンネル、お天気チャンネル'(インターネット接続要)

そして、似顔絵チャンネル(ここで作ったキャラクターをWiiの各ゲームに登場させることができます)などなど。 

Wiiって本当に楽しいゲーム機です。

これからWiiをリハビリに活用して、パーキンソン病であってもいきいき過ごす、そのための方法についてのお話を続けてい

きますので、お付き合いいただけると嬉しいです。

プロフィール

シルク

Author:シルク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
" />