パーキンソン病だけど、WiiカラオケUで、思い切りの声で歌おう

今回は、昨年の11月18日に発売された「Wii U」に内蔵の「WiiカラオケU」についてお話します。

今回私が「WiiカラオケU」をテーマにしようと思った理由 をお話しします。

私は、パーキンソン病という難病にかかって17年目になります。

17年目にもなると、この病気特有の症状が現れてきます。

体全体の筋肉が固くなっていくので、リハビリは絶対に必要です。

顔の筋肉も固くなるので、病院の診察を受けると、先生はカルテに「 musk like face」と書かれていました。

私はその言葉が嫌いです。

日本語では「仮面的容貌」

発症当初はまだ若かったので、特に嫌でした。

顔の筋肉が固くなって、話すのも小声でボソボソいうので、とても聞き取りにくいらしく、私が話すとき、ほとんどの人が聞き直されます。

何度も聞き直されたり、とうとう最後まで聞き取れないままのときもあります。

病院に入院中は、言語聴覚士による言葉のリハビリを受けていましたが、退院してからは、何も受けていません。

普段の生活では、大きな声を出すという機会もあまりないけれど、カラオケだと、どんなに大きな声を出しても大丈夫だろうと思います。 (近所迷惑とならない程度にです)

前回もWiiカラオケをテーマにしてお話ししました。

今回ご紹介する「WiiカラオケU」は、本体に最初から入っています。

そして、利用券が、前のソフトは3種類でしたが、今回新たに1時間券(100円)ができました。

今までは、1日券からで、歌っても歌わなくても24時間で終了でしたので、私などは、大部分歌わずに終わってしまっていました。

自分のリハビリ用として利用するなら、1時間券で十分だと思います。

この「 WiiカラオケU」は、インターネットにつないで使います。

まだ、インターネットを接続されてない方に「 WiiカラオケU トライアルディスク」があります。

オフラインで使います。

インターネットにつながっていなくても、ディスクに収録された10,000曲の中から50曲を1か月間試すことができます。


<
関連記事

この記事へのコメント:

- : 2014/01/31 (金) 18:40:17

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

シルク

Author:シルク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
" />