くるみの健康食品「アイクルミ」がパーキンソン病にいい理由

今日は、くるみの健康食品「アイクルミ」についてお話します。私は現在、「アイクルミ」という、くるみを使った健康食品を飲んでいます。
「アイクルミ」を飲むようになって、パーキンソン病の症状がずいぶん改善してきました。
驚くべきその効果!
飲み始めて2日目で不眠が改善し、1週間でオフ時の苦しさ、背中の痙攣、足の痙攣が治りました。
不眠も痙攣もとても辛く耐えられないほどでしたので、今本当に楽 になって嬉しいです。
さて、くるみがなぜこんなに効いたのでしょうか?
くるみの果実には、脳細胞をダメージから守る抗酸化物質が豊富に含まれています。
食用油の成分の不飽和脂肪酸(オメガ3、6)一価不飽和脂肪酸(オメガ9)が理想的割合で含まれています。
これらは、体内で生成が出来ないため外部より摂取しないといけません。
また、トリプトファン(必須アミノ酸)は、パーキンソン病に効果のあるドーパミンやノルアドレナリンの生産に関与していますが、くるみの成分だけが脳の血液脳関門を通過し、脳内でドーパミンやノルアドレナリンに変化して、パーキンソン病に効果を発揮します。
トリプトファンがセロトニン、メラトニンに変化することにより、不眠症が改善したり、精神安定作用もあります。

わ 病院から出される化学物質の薬と違い、クルミは1万年前から​​人類が食べ続けてきた食料ですので副作用は一切ありません。

また、アイクルミは健康食品としてクルミの健康成分を凝縮していますので、クルミ自身を食べるより、はるかに効果を発揮します。
血管を若返らせる効果、熟睡作用もあります。
2015年9月にパーキンソン病(PD)になった方がくるみを食したら、不眠症が改善してパーキンソン病薬を半分に減量できたとのことです。
その方は”すくみ足” 症状、道路を渡っている途中、突然、動けなくなったりする症状や不眠症の症状で悩まされていましたが、現在は元気に働いておられるとのこと。
  でも、くるみそのものから栄養素を摂取しようとすると、吸収の問題など、なかなか難しい面もあります。
そこで、「アイクルミ」を飲めば、くるみの成分を丸ごと摂ることができます。  
私は「アイクルミ」を飲んで、パーキンソン病が改善したことがとても嬉しくて、皆さんにお伝えしたいと思いました。
ぜひ「アイクルミ」を試してみることをお勧めします。

http://www.i-kurumi.jp/
関連記事

この記事へのコメント:

- : 2017/11/24 (金) 19:28:43

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

シルク

Author:シルク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
" />